漫画をきっかけに

「路地裏しっぽ診療所」 斉藤倫
3巻 2015.11.25発売 集英社(以下続刊)


3巻のテーマは、QOL(Quality Of Life)

動物が怪我や病気をした時の治療・
純血種特有の遺伝性疾患…





主人公の女子大生が、ウェスティを偶然保護したことから
犬の里親になり、動物病院で働きながら 動物を取り巻く様々な問題に直面していく お話です。


動物愛護に関心のある人なら 知っていることも多いけど、
視点を変えることで 改めて考えさせられます。






作者の斉藤先生は、保護猫ちゃんの里親で5ニャンと暮らし、
保護猫活動やTNR(地域猫の不妊去勢手術)もされています。


犬好きだと、自然と犬関連の知識に偏りがち。

斉藤先生のブログやツイッターで、新たに知った猫ちゃんの問題が たくさんありました。





この漫画も、シリアスになりすぎず ほっとする場面もあるので、

ここからペット問題を知って、関心を持つ入り口になると思います。



すべての動物たちが、生き生きと暮らせる日を願って。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もここ十年くらい漫画から離れていたんだけど、
最近、お友達に借りて幾つか読むうちに、
やっぱり面白いものもあるよなーって思ってるとこ。
猫といえば、「ぬくぬく」ってのをこないだ借りて読んだの。
考えさせられることはなーんにもない漫画だけど(笑)
猫好きにはたまらん内容だったわ。

猫ちゃんもワンちゃんも生き生きとね

こんばんは(*^-^*)
純血種特有の遺伝性疾患に目が行きました
よたの病気も遺伝性と言われたけれど、遺伝性ならここまで調子良く来れるかな、、、
もしかしたらワクチンの影響もあったのでは、、、
なんて色々考えました
ワンコの本を見かけると手にします
その本興味深いなあ
あのね、ゆる犬図鑑の紹介の記事に承諾無くリンク貼ったけれど良かったかなあ!?
いつもお友達のリンク貼ってたけど、プーママンさん初めて貼ったから聞いてからにすれば良かったなあと心配になってしまいました
大丈夫だっかな(^^)/

●雪太郎 さま

私も、漫画含め本全般から遠ざかってた時期あるんですけど、
復帰(?)してからは、以前よりもジャンル問わず読むようになりました。

何も考えずに読める・観れるもの、大歓迎~(^^)
癒やしを求めてるので(笑)
それもチェックしてみます~

●よたろうママ さま

いろんな問題点に触れていくので、ひとつひとつはそれほど深く掘り下げられてはいないけど、
こんなことがある・起きてると、わかりやすく解説してくれてる感じです。

プーちゃんの持病も、遺伝的要素が強いけど 原因不明…
ワクチンも、実はちょうど今考えていて、できたら今年からやめたいと思ってます。
先生との相談や抗体検査など、心配なんですけど…
よたろうママさんのブログの過去記事も、拝読しました。

リンクの件、全然OKですよ~
ご紹介ありがとうございます(^^)
プロフィール

プーママン

Author:プーママン
自ワン己紹介で始めた、ひっそりまったりヨーキー ブログ
・・・・・・・
●プラム(Plum プーちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
2008.8.18生まれ
内弁慶でワンコもヒトも苦手
おうちでは元気いっぱい甘えんぼ
胃腸が繊細

●マイム(Mime マイちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
13歳8ヶ月で虹の橋へ
ワン・ニャン・ヒト大好きでフレンドリー

★IG→mime8plum

いくつになったの
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR