台風の影響つづき

15日水曜日は嘔吐と発熱も落ち着いて、前日あまり眠れなかったのでプーちゃんとゆっくりしました。

雨が降り とっても寒い一日だったので、ベッドやカーペットの冬支度をして ぬくぬく…

食欲も旺盛で、ふやかしフードをもりもり食べた。





16日木曜日も元気で、秋晴れの気持ちいいお散歩♪

三日ぶりのお散歩で喜んでたけど、帰宅後に、てんかん発作

今年1月末以来だから 約8ヶ月半ぶり。





3~4分間の、体が揺れる・脚が硬直してうまく力が入らない、といった軽い発作
「ウー」と唸り声を出すのは初めて。

言い方がアレだけど、プーちゃんの発作の様子は「生まれたての子鹿」って表現がぴったり。
あの、プルプル立ち上がろうとする感じ。


やっぱり二日前のも、小さい発作の部分もあったのかな…


病院に電話したら、発作は治まったし薬も飲んでるのでこのまま様子を見ることに。

台風の影響がまだあって発作が起きたのでしょう、と。

気圧の急降下と急上昇が短期間にあって、脳が過敏になってたんだろうな…





プーちゃんの発作は軽いものだし回数も少ない。
それでも、発作は怖いし毎回動揺してしまう。
何より、本犬が困惑してとても不安そうで(T_T)


もうなるべく起きませんように!



*******


先週は、休養のためゆったりのんびり過ごし…

プーちゃん すっかりよくなった(^^)
(プラム的「普段通り」なので、昨日は軽い腹痛あり。
気圧グラフによると、大きく下降し続けてた)

今日はまた冷たい雨で寒い一日の予報。
「低気圧接近」と出てるし、お腹冷えないようにしようね。


(写真は後日撮影)


スポンサーサイト

常用薬の血中濃度

一度検査した方がいいと言われていた、抗てんかん薬の血中濃度。

薬の量が適量か、時間が経っても薬の効果が持続されているか、を調べるため。


プラムは現在、抗てんかん薬を1日2回服用。




薬の服用直後は当然濃度が高くなるので、
採血の時間帯は、服用後5,6時間経過以降が適している。

(数時間は高濃度を保っていて、急激に落ちるケースもあるので。)

直後よりは 次の服用直前の方がよい、とのこと。


プラムは10時間後くらいに採血。

数日後出た結果は、問題なく 十分効果のある濃度だった。

これで、今のまま最低量の投薬を続けていく方針に。




参考までに、

薬の血中濃度を調べる血液検査は、外注検査で 薬の種類により費用が異なります。

プラムの薬、ゾニサミド の場合はちょっとお高くて 1万4千円+税。

抗てんかん薬の中でも、特別高いそう…

まぁ、必要な検査だからしょうがない。


いちばん副作用が少ないというこの薬が効いてくれて、幸運だし。


薬そのものは、1回分50円で1ヶ月3千円程

これは、量や病院によって価格が変わると思われます。。


てんかん ~今までの経緯~




※プラムの、てんかん(癲癇)について今までのまとめ。


・2012年2月:初めて発作が起きた

 2~3分間、全身が小さく痙攣。その後は何事もなかったかのよう。

 病院で、てんかんの可能性がある、と告げられた。
 てんかんの症状は様々で、ぼーっとしているのがごく軽い発作のこともあれば、
 頻度も一生に一度しか発作が出ないということもあるそう。
 今後の様子によって治療方針も異なるので、経過観察に。


・2012年8月:2回目の発作

 1回目と同じ感じの発作(全身の震えと足の突っ張り。意識はあり、目線も定まっている)

 やはりてんかんの可能性が高い、と。
 発作が軽く、間隔が半年程空いているので、まだ薬の服用はせず経過観察でよいだろう、とのこと。


・2013年1月:3・4回目の発作と投薬開始

 早朝発作があり、夕方病院へ。
 発作の間隔がだいたい半年おきなので、このペースなら薬は飲まずに様子見。
 しかし病院から帰宅直後、再び発作があり、すぐ病院に戻る。
 1日に2回発作が起きたため、薬の服用を開始。
 内服薬を、1日2回。
 その後の発作の出方によって、薬の量や回数を減らしていくか検討することに。


・2013年7月:薬の減量

 薬を飲み始めてから一度も発作が起きず安定しているので、病院で相談して1回の服用量を減らすことに。
 回数はそのまま1日2回。


・2013年10月:薬の回数も減らす

 さらに安定したまま発作がないため、減量した薬の回数も減らして1日1回の服用に。


・2013年11月:薬の服用を一旦止めて経過観察

 薬の量と回数を減らしても、発作がずっと起きていないので、薬の服用を止めて様子を見ることに。


・2013年12月:5回目の発作

 薬を止めて約1ヶ月で発作。
 しかし今後また次の発作まで長く間隔が空く可能性もあるので、様子を見たいと希望。
 
 もし大きな発作(重責発作や群発発作)が起きれば、命に関わる危険性があるとの説明は理解。
 ただし今までの状態から見てその可能性は低いこと、薬を飲んでいても発作が起きることはあること、から
 ひとまず薬の再開は見送る方向で。


・2014年1月:6・7回目の発作

 ほぼ1ヶ月おきでまた発作。
 深夜に、15分程と長い。瞬きせず涙が零れる・頭がグラグラ揺れる、初めての症状も。
 翌日診察、薬の服用の再開に。
 夜の分1回薬を服用後、深夜の前日と同時刻に発作あり。10分弱と長め。
 翌日再診。薬の処方は前日のままで。
 


*******


こんな感じ。


一生付き合っていく持病。

プラムは症状が軽い方だけれど、やっぱり発作はもう起きないで お薬も必要なくなればいいと思う。

発作も 長期間の薬の服用も、本犬の身体に負担になるだろうから。


幸い、副作用の少ない薬(ゾニサミド)が効いてくれているけど、それでも長年の服用は内臓にダメージを与えることがあるから、
定期的な血液検査でのチェックが必要。





 

6・7回目の発作とお薬再開(1月)

(1月末の話。うまくまとめられず書き直したり、アップするか迷ったり…
症状も安定してるので、落ち着いた頃合いで更新。)


*******

プラムには、てんかん(癲癇)の持病がある。


発作さえ出なければ、普段は健康そのもの
ちょっとお腹が弱いけれど、元気いっぱいのわんこ



初めての発作は、2年前くらい。

その後、昨年の1月に薬の内服を始め、
11月でいったん薬をやめて経過観察になっていた。
※(今までの経緯は、別記事でまとめ)


でも、12月中旬に発作が出てしまった。
(数分間身体が小さく痙攣・脚の突っ張りが続く)

小さい発作だったけど、
本犬は自分の体が言うことを訊かない(勝手に動く・思うように動かせない)状態にやはりひどく不安な様子。


そして、ひと月ちょっとでまた発作。(今年1月末)

6回目となる発作は、深夜に約15分間と今までになく長かった。
瞬きせず涙がボロボロ零れる・頭がグラグラ揺れる、というこれまでなかった症状も。

ただ今までもだけど、卒倒や激しい痙攣などはナシ。

発作の時プーちゃんは、不安そうに必死に膝に乗ってしがみついてくるから、
ゆっくり撫でて「大丈夫だよ」「もうすぐ治まるよ」と穏やかに声をかける。
少しでも安心できるように。

もちろん翌日すぐ病院へ。
(発作が治まれば普段通りになるので、夜間救急病院には行かず。)
やはり薬なしだと発作が起きてしまうので、再び薬を服用することに。


病院で診てもらって薬を1回飲んだ日、前日とほぼ同じ時刻に発作。
10分弱と長め。
発作後の嘔吐もあり。

翌日また診察。
発作が連日あったのは薬を1回飲んだだけで効果が充分でなかったからだろうと、量は増やさずそのままでいくことに。


それからは落ち着いていて、発作はナシ。
薬との相性は良く、症状は抑えられているよう。


*******


お薬をやめて様子見になったのは、

プラムはまだ5歳と若く、これからずっと薬の服用を続けていくのはできれば避けたいのと、

発作の症状が軽く、もしも間隔が数ヶ月~半年以上あくなら、薬を常用する必要性は低いというのが理由。


でも、やめてからほぼ1ヶ月おきで発作が起きてしまい、またお薬を始めることになった。

お薬の量は、以前減量した後と同じ。

このまま落ち着いて、また回数も減らせたらいいね。

それからは様子を見て 相談して、薬をやめられるかどうか…


犬のてんかんは100頭に1頭の割合というけれど、、





プーちゃん専用のカレンダー(「いぬのきもち」付録)に、
スケジュールやお天気・体調を書き込み。

お薬飲んだマークもつけて、回数を忘れないように。

お薬入れは、ジャムの空き瓶。
約1週間分ずつ分けて入れてる。

てんかん発作は何か気をつけて予防できるものじゃないけど、
なるべく快適に毎日を過ごせるように、健康管理してこうね。。





プロフィール

プーママン

Author:プーママン
自ワン己紹介で始めた、ひっそりまったりヨーキー ブログ
・・・・・・・
●プラム(Plum プーちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
2008.8.18生まれ
内弁慶でワンコもヒトも苦手
おうちでは元気いっぱい甘えんぼ
胃腸が繊細
右耳は立ったり垂れたり

●マイム(Mime マイちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
13歳8ヶ月で虹の橋へ
ワン・ニャン・ヒト大好きでフレンドリー

いくつになったの
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR