結石詰まり~回復~

*オシッコ写真あり*

【治療後の経過と5日後の再診 備忘録】


●病院で治療してもらって、帰宅後すぐ排尿
大中小たくさんの結石がジャリジャリ出てきて、ビックリ!

でも本犬は全く痛がってない。
チッチしてスッキリ爽快~♪って感じ。

一晩出づらくて苦しんだんだもんね。


(サイズは 砂粒大~約5×2㎜)



→5日後の診察にて、写真を見せて確認
「しっかり洗浄したので、麻酔で緩んでいた尿道を通って出てきたんでしょう」

結石も尿も全部出して膀胱を空にしたと言われたけど、まだ残ってた!?


やっと楽になってお腹もすいたプーちゃん、空腹を満たして お昼寝

夜ほとんど眠れなかったし 病院で疲れたので、ぐっすり~zzz


夕方起きたら、なんか熱っぽい?
ダルそうだし食欲もないみたい。





●時々微熱があるように体が熱い・なんとなくダルそう
●ドライフードを全く受けつけない(食欲はあり、野菜・果物・ヨーグルト・クッキー等は食べられる)
そんな3日間をたくさん眠って ゆっくりすごしました。


プーちゃんはお腹不調の時、自分で絶飲食して調節するタイプ
回復してくると、↑上記のものから食べ始める。
体調不良だと、お肉系はあまり受け付けない体質なのか 味覚が変わるのか…

ヒトだってガッツリ系食べられなくなるものね。


→「薬の影響と、まだオ○ン○ンに違和感などあったのでしょう」





抗生物質と抗炎症薬の2種類を朝1回/5日間

飲みきった日に再診
追加のお薬なく、治療が終わりました。


あぁ、よかった。

「結石ができやすい体質だと、気をつけていても またできる可能性はある。
それが詰まって 今回のような状態が再び起きるかどうかは わからない」
というお話でした。


どうかどうか、もう結石できませんように!!


<3>


スポンサーサイト

結石詰まり~検査と処置~

ご心配や応援ありがとうございます。

プーちゃんは経過もよく、元気になりました~(^-^)v

忘れないうちに、記事にまとめておきます。


*******


自分から病院に行くと訴えたものの、着いたら 緊張でブルブル・痛さでもブルブル震えてたプーちゃん


問診と レントゲン・エコー・尿検査の結果、やはり結石が尿道に詰まっていた。





【検査結果】

●膀胱にあった結石が 前立腺あたりの尿道に流れ出てきて 塞いでいたので、尿の出が悪かった。
完全に塞いではいないから、チョロチョロは出る。

●膀胱の中にも5㎜位の結石が複数あった。


【処置】

●尿道を痺れさせ拡げる麻酔薬を管の先に塗って入れてから 管を通し、
生理食塩水で結石を膀胱に流し戻す フラッシュ処置(尿閉解除処置)

●膀胱を生理食塩水で洗浄して、膀胱内にある結石と共に体外に排出

●抗生物質と抗炎症剤の注射

(↑説明は処置後、検査画像を見ながら受けました)





検査と処置で約1時間、ママンは待合室
プーちゃんよく頑張りました!

看護師さんに抱っこされ戻ってきたプーちゃんは、ピチピチ元気なお魚のよう

とても顔色(表情)が明るくなっていて、元気いっぱい再会の喜びの舞い(笑)

よかった~


↑写真は帰り道
待ってる間どしゃ降りだった雨もあがり、プーちゃんも落ち着いて、気分も晴れやか(*^^*)


*一部、追記あり*

<2>


結石詰まり~病院へ~

7日(金)夜~8日(土)朝にかけて プーちゃんの具合が悪くて、朝になって病院へ行ってきました。


↓今月の通院後のご褒美ドッグカフェ

まさかこの2日後再び病院行きとはね~(>_<)





7日夜9時頃から

●トイレに行って構えても ポタポタ・チョロチョロしか出ない
●低姿勢で歩いたり フセの姿勢でうずくまって、痛みを堪える様子・痛みから震えもあり
●トイレじゃない場所で 少量の尿をあちこち漏らす
…の繰り返し

ウンPも出にくく、便秘気味?


こんな感じで眠れないので、後追い掃除や お腹拭きと撫でさすりしながら
トイレシートを散りばめたラグの上で 添い寝

もしかして結石が詰まったのかも、少しは出てるから一応平気だろうけど 完全に詰まって尿毒症になったらどうしよう…と不安な一夜を過ごし

痛みの波の合間に朝ごはんは少し食べたけど、チッチが出にくかったり 痛がるのは続いていて 本犬も病院に行きたそうだったので、診察に。





病院に行くタイミングはいつも悩む。

安静にしていて治るなら、具合悪いところ無理させて連れていく方が負担になるし、
処置が必要なら 早めに行った方がいいし…

プーちゃんは 過去の何回もの胃腸炎の経験から、病院行って注射や点滴してもらうと治まって楽になる のがわかっていて、
朝まで具合悪い時は 病院の催促する素振りをします。

お散歩の催促と似ているので、ただ外でトイレしたいだけなのか微妙だったりもするんだけど(汗)


ママン的にも 一晩中具合悪いのが続いた場合、朝一で病院へ連れて行く判断に。

いつものパターンでは、絶飲食状態で 嘔吐下痢が続くと、脱水症状が心配なので。


今回は初めてのことだし、様子を見てる余裕はなさそうだったので 病院に行きました。


長いので続きますが、処置後 順調に回復中で プーちゃんは大丈夫です U^ェ^U


<1>


尿石症の経過

<尿路結石症の経緯まとめ>
※とても長いです※オシッコ画像あり※


ストラバイト(ストルバイト)結晶が出始めたのは、約一年前

フードをランフリーの『リン・マグネシウム調整食』に変えて、クランベリーのサプリメントを始めた


今年4月の健康診断で、膀胱に結石が見つかった。

【尿検査:アルカリ性 pH8-9 尿中にストラバイト結晶 ナシ
エコー検査:1㎜~数㎜の小さな膀胱結石が複数ある】


急にはできないので、去年 結晶が出た頃には 既にあったのではないか、と。
でも まだ小さく、溶かして流せるサイズ





「ストラバイト結晶・結石は、リン・マグネシウム・アンモニウムが結び付くことで形成される。
アンモニウムはアルカリ性の尿に存在するから、尿が中性になるようにする。
アンモニウムがなくなれば、結晶を作れなくなる。」
という説明でした。


結石ができやすいのは体質だから 療法食(↓)をと言われたけど、フードは今のでいきたい。






昨年2回の尿検査では、【中性・結晶ナシ】とフードとサプリの効果は出ていたから
(健診でまたアルカリ性だったのは、お夜食と朝ごはん抜きで サプリも摂れてなかったからかと推測)

頑張って溶けて流れるはず!と希望を込めた、様子見に。



その後5月の通院までに、結石らしきものが出てきたので、写真と現物を持って 診察に行きました。


トイレシートのチッチ跡に付着していた、硬くて白っぽい石ころ?
これは一番大きいもので、約2×4㎜

このサイズが2回(持参したのはこのふたつ)・1㎜以下サイズも数回

やっぱり、出る時に痛みは多少あるだろうとのこと。





結石を外注検査に出し、結果は翌月の診察時に聞きました。

【リン酸アンモニウム・マグネシウム 100%】

シュウ酸カルシウム等が混じっている場合もあるそうですが、
100%ストラバイト結石で 全部溶ける成分なので、よかった。


あれから結石は出ていないから、大方流れ出てくれたのかなと思っています。

クランベリーサプリ摂取を2~3倍に増量した効果かも。
濃い尿は 成分が飽和状態になって結合しやすいから、水分を摂ってチッチをたくさんするのも◎


これから定期的にエコー検査で結石の状態を調べる予定。



たまにある血尿も、一時的なものなら平気だって。
プーちゃんは、寝不足や疲れている時に 頻繁に無理に出してると、血尿になるみたい。

もう普段は キラキラ結晶混じりもないけど、ごく稀に こんなザラザラ状態チッチがあるから、油断はできない。






尿がアルカリ性に傾きやすいのは体質といわれるが、
植物性の食物の摂取量が多いことも原因になるそう(ホリスティックケア カウンセラーさん談)

プーちゃんは野菜や果物が大好きで 毎日食べるから、量に気をつけなくちゃ。


療法食でコントロールすれば簡単だから、お医者さんは薦めるのだろうけど
(フード以外も少量食べるのはOKもらってます)

評判があまりよろしくないうえに 他に負担がかかるし、
胃腸の弱いプーちゃんは 合わないフードは下痢嘔吐しちゃうし…





安全なものを何でも少しずつバランスよく、おいしい食生活がいいよね。
地道に配慮していこう。


結晶・結石、消えてなくなれ~☆ミ


ストラバイト結晶の経過

お盆前に遡って…今月の通院のお話。
暑いのでカートで行きましたよ~

日陰をちょっと歩いておトイレしたら、「暑いーもう乗るー」とプーちゃんからゆってくるのね。





保冷剤積んでるから、ちょっと涼んでね。

病院に着いたら、全く同じカートのトイプーちゃんがいました(*^^*)


お薬と、2ヶ月ぶりの尿検査は

結果…なんと異常ナシ~!!ヤッター
ph7で中性、ストラバイト結晶もなかったそう。

あ~よかった。





チッチはまだキラキラしてる時としてない時があって、
キラキラの時は、跡が真っ白になるほどびっしり結晶が出てたりするから 
まだよくなってないと思ってたんだけど。

きっとその時のチッチによって結果も変わるだろうから まだまだ要観察だけど、
とりあえず改善されてて 安心しました。


フード変更とクランベリーサプリが効いてくれた!

このまま今のフードとサプリを続けて、また2~3ヶ月後に再検査です(^^)






*メモ*

ランフリーのフード『リン・マグネシウム調整食』2種類の成分表を持っていって、見てもらいました。

療法食のロイヤルカナン『pHコントロール』と比較して

◇リン・マグネシウム・ナトリウムはかなり抑えられてる
◇亜鉛・鉄分・ビタミン類等の含有量がかなり低いのが気に懸かる

病院で処方する療法食の方が総合的なバランスでは優れているが、
現状で効果が出ているので このまま続けて様子をみましょう、とのこと。


プロフィール

Author:プーママン
自ワン己紹介で始めた、ひっそりまったりヨーキー ブログ
・・・・・・・
●プラム(Plum プーちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
2008.8.18生まれ
内弁慶でワンコもヒトも苦手
おうちでは元気いっぱい甘えんぼ
胃腸が繊細
右耳は立ったり垂れたり

●マイム(Mime マイちゃん)
ヨークシャーテリア 男の子
13歳8ヶ月で虹の橋へ
ワン・ニャン・ヒト大好きでフレンドリー

いくつになったの
カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR